店頭で開催中のミニフェア

内山書店の店頭では注目のテーマや季節にあわせた本を紹介するミニフェアを開催しています。

今回のテーマは内山書店100周年に関連した特集です!(2017年9月~)

 

1F レジ前平台

魯迅と内山書店

1917年に上海で本屋としての商売を始めた内山書店。やがて日中の文化人が集う交流の場ともなりました。特に魯迅と内山完造とのつながりは深く、当時の様子はあらゆる著作にも記されています。

 

2F ワゴン

木刻 魯迅と日中版画交流



中国国民の「精神を改造」するために文学を志した魯迅は、文字の読めない民衆に対しては絵で思想を伝えようと版画運動を提唱する。プロレタリア芸術としての木刻(木版画)と、魯迅の版画運動につながる日中の版画作品、それらに関連した書籍・図録を展示紹介します。

 

カテゴリ別お知らせ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加